Yokohama Choral Society
-横浜合唱協会-

横浜合唱協会の指導者

指揮・山神健志 (やまがみたけし)

山神健志先生

1973年生まれ。自由学園最高学部卒業、東京芸術大学卒業後イタリアに留学。帰国後、合唱指揮者として活動を開始。現在は、児童合唱から大規模な混声合唱まで多くの合唱団の常任指揮者をつとめるほか、各地で市民参加による公募合唱団を指導。最近では2011年ベートーヴェン『第九』(指揮:ヤクブ・フルシャ)、ドヴォルザーク『スターバト・マーテル』(指揮:広上淳一)2013年ヴェルディ『レクイエム』(指揮:三ツ橋敬子)2014年ブラームス『ドイツ・レクイエム』(指揮:広上淳一)等の合唱指揮を担当した。その的確な指導は共演した内外の指揮者や合唱団員から信頼されている。

また、オーケストラと歌う素晴らしさを子どもから大人まで広く体験してもらおうと精力的に活動し、これまでにジョン・ラッター『子どもたちのミサ』(オーケストラ版日本初演)、上田真樹「あらしのよるに」(オーケストラ版委嘱初演)をはじめ、多くのコンサートを企画、指揮している。オーケストラ指揮の分野でも特に宗教音楽での評価が高い、今後の活躍が期待されている指揮者である。

(山神先生のWebページへ)

名誉指揮者・八尋 和美 (やひろ かずみ)

八尋和美先生

撮影:坪井写真

東京芸術大学声楽科卒業。声楽を谷田部勁吉、指揮法を渡辺暁雄の諸氏に師事。芸大卒業と同時に、東京混声合唱団の創立に参加。以来、東京混声合唱団のコンサートマスターとして、同団のトレーニング、編曲、指揮者として活躍。1973年、東京混声合唱団指揮者に就任。同団との全国的な演奏活動の他、アマチュア合唱団の指導、合唱指導者の育成にも優れた手腕を発揮している。1982年、文化庁芸術家在外研修員として、旧東ドイツを中心に研鑽を積む。1997年、東京混声合唱団正指揮者に就任。現在、くらしき作陽大学客員教授。横浜合唱協会は1973年より2015年まで常任指導。

ビラー氏との縁こちらご覧ください

下の動画はクラッシク・ニュースによる八尋先生へのインタビューです(2014/5/23公開)。YouTubeにアップされているものを直接ご覧になる場合はこちらです。

客演指揮者・Georg Christoph Biller (ゲオルグ・クリストフ・ビラー)

Georg Christoph Biller

撮影:鳥山妙子

J.S.バッハがカントルを勤めた聖トーマス教会のバッハから数えて16代目のカントル。10歳で聖トーマス教会合唱団付属トーマス学校に入り、徹底した音楽教育を受ける。1976年、ライプツィヒ音楽大学指揮科に進み、クルト・マズアほかに師事。このころから合唱グループを主宰し、ゲヴァンとハウス管弦楽団などと共演し、歌手としても活躍した。1992年から現職。1994年からはライプツィヒ音楽大学の合唱指揮科教授も兼任。現代のトーマス・カントールのレパートリーはグレゴリオ聖歌から現代作品までと広く、作曲活動も行う。聖トーマス教会合唱団は彼の時代になってCDやDVDが次々に発表されている。なお、2015年1月に健康上の理由によりトーマス・カントールの職を辞任、現在は指揮・作曲を中心に音楽活動を継続。

横浜合唱協会との共演は1990年「ロ短調ミサ曲」、1996年「ヨハネ受難曲(第2稿)」、1997,2002年トーマス教会礼拝でのモテット演奏、2000年「BACH FEST 2000 TOKIO」記念演奏会、2004年「マタイ受難曲(初期稿)」、と6回になる。確かな宗教観に裏付けられた音楽づくりは、常に私たちに大きな発見を与えてくれる。

八尋先生・ビラー氏・松尾先生

写真左より、ビラー氏、八尋先生、松尾先生
1998年1月ビラー氏来日に際して

ピアノ伴奏・谷口 明子

東京芸術大学音楽部器楽科卒業。井口秋子、野呂愛子両氏に師事。東京芸術大学オペラ科非常勤講師を経て、ドイツのシューマン音楽大学に留学。ピアノをM.シュタイン教授に、歌謡伴奏法および室内楽をブロイン氏に師事する。オペラ、合唱歌曲等の伴奏ピアニストとして活動している。1999年にタールビュルゲル、2000年、2001年にブタペストのバルトークハウスにおいてリサイタルを行った。

ヴォイストレーナー(Sop.)・木島 千夏

国立音楽大学卒業。松尾道子、川口絹代、橋本周子の諸氏に師事。1992年に渡英し、J.キャッシュの下で声づくりに専念する。1993年ブルージュ国際古楽コンクールにて4位入賞。翌年、同音楽祭に招待され、モーツアルトの「聖墓の音楽(Kv42)」のソロを歌う。また、W.クリスティ指揮によるシャルパンティエのオペラ「ダヴィデとヨナタス」公演、ナイジェル・ノースとのデュオ・リサイタルを始め、ヨーロッパ各地で音楽祭や演奏会に出演。ギルドホール音楽院古楽科を修了、王立音楽大学の演奏ディプロマを得て1995年に帰国。バロックを中心にルネッサンスからドイツリート、現代曲まで幅広い演奏活動を行っている。現在、聖グレゴリオの家音楽院講師。

聖グレゴリオの家に所属する声楽アンサンブル「カペラ・グレゴリアーナ ファヴォリート」のメンバーとしても活躍。

ヴォイストレーナー(Alto)・小川 明子

東京芸術大学音楽学部声楽科卒業、同大学大学院修士課程音楽研究科独唱専攻修了。文化庁オペラ研修所第10期修了。高橋啓三、渡邊高之介、戸田敏子、毛利準、アデーレ・ハースの各氏に師事。1992年第61回日本音楽コンクール声楽(歌曲)部門第2位入賞。第4回日本声楽コンクール第3位入賞。1993年第4回奏楽堂日本歌曲コンクール第1位ならびに山田耕筰賞受賞。第10回ニッカ・カルメンシータ新人賞第2位入賞。1997年11月より文化庁派遣芸術家在外研修員として1年間ウィーンに留学。

バッハ、ヘンデル、モーツァルト、ハイドン、シューベルト、ブルックナー等の宗教曲、コンサートではベートーヴェン「第9交響曲」、マーラー「嘆きの歌」「復活」「大地の歌」、メンデルスゾーン「ワルブルギスの第一夜」、ベルリオーズ「ロミオとジュリエット」等に、また、モーツァルト「魔笛」、フンパーディンク「ヘンゼルとグレーテル」、原嘉壽子「祝い歌が流れる夜に」、水野修孝「天守物語」、ラヴェル「子供と魔法」、ワーグナー「さまよえるオランダ人」等のオペラに出演。

2003年にCD「日本歌曲選」、2006年「啄木とみすゞを歌う」、2008年「からたちの花 山田耕筰歌曲集」、2010年「荒城の月〜国楽を離陸させた偉人たち」、2012年「さくら横ちょう 中田喜直4つの歌曲集」、2014年「早春賦 日本歌曲選2」(ピアノ/山田啓朗)、2016年「落葉松 アルトとギターで紡ぐ日本の歌」(ギター/荘村清志)をリリース。Youtubeにも多くの演奏がアップされています。

二期会会員。

ヴォイストレーナー(Ten.)・小林 彰英

東京芸術大学声楽科卒業。同大学院修了。文化庁オペラ研修所第6期生修了。第16回イタリア声楽コンコルソ・テノール特別賞受賞。第56回日本音楽コンクール入選。NHK FMリサイタル、ベートーヴェン「第九」、モーツアルト「レクイエム」等の演奏会に出演。オペラでは、「魔笛」のタミーノ、「愛の妙薬」のネモリーノ、「メリー・ウィドー」のカミーユ等をレパートリーとしている。1989年10月より文化庁在外研修員として1年間イタリアで研鑽を積み、その間に第8回エルコラーノ国際声楽コンクールで2位に入賞している。

森明彦、三林輝男、疋田生次郎、故山路芳久、ヴィルジーリア・ポロニーニ、カルロ・メリチャーニの諸氏に師事。二期会会員。

ヴォイストレーナー(Bass)・佐野 正一

東京芸術大学声楽科を主席で卒業。卒業時、宮中の桃華楽堂において御前演奏を行う。同大学院独唱科修了。日伊声楽コンコルソ及び日仏声楽コンクール第2位。日本音楽コンクール入選。奏楽堂日本歌曲コンクール激励賞受賞。オペラでは『ドン・ジョバンニ』のドン・ジョバンニ、『リゴレット』のリゴレット、『椿姫』のジェルモン、『ラ・ボエーム』のマルチェロ、他多数に出演。宗教曲では、モーツアルト、フォーレ、デュフレの『レクイエム』、ブラームス『ドイツレクイエム』、ヘンデル『メサイア』、バッハ・カンタータ、グラウンの『イエスの死』(日本初演)、プッチーニ、シューベルトの『ミサ』等のソリストを努める。1996〜98年と3年連続で、ニューヨークのカーネギーホールにて、日米親善コンサート『第九』のソリストとして出演。

現在、尚美学園短期大学、聖徳大学講師。三輝会、日伊音楽協会、日本声楽アカデミー、日本フォーレ協会、日本演奏連盟、二期会会員。

(佐野先生のWebページへ)
 (佐野先生のBlogへ)

^
top
Google
www を検索 ycs.gr.jp を検索